最初の1〜4小節の解説です | 第5楽章 | Let's play ソロギター | ソロギターレクチャー
トップページ >  ソロギターレクチャー > Let's play ソロギター > 第5楽章 > 最初の1〜4小節の解説です

最初の1〜4小節の解説です

ソロギターレクチャー【第5楽章・Track27】

まずは、どのようなイメージにしようか考えたのですが、ここはやっぱりオーソドックスにゆったりとした海のイメージにしました。

リズム的には、ゆったりとした3拍子の「ズン・チャッ・チャッ」と言う感じです。あとは、海の広さが表現できれば良いかな、という感じです。

実際にはこのようなアレンジにしました。まずは解説の前に聴いてみてください。

いかがでしょうか?感じがでていますでしょうか?

では具体的にご説明していきます。まずは、最初の4小節です。なお譜面のコードについては、原曲のコードを掲載しています。

1小節目は、オーソドックスにスタートしています。

2拍目・3拍目は第3楽章でお話した様にベース音を動かして2小節目のコード「C」のベース音「ド」に向かってラ・シと上がって行きます。さらに2拍目と3拍目の裏でレの音を8符音符で入れています。

これによって更に動きが出てくるわけです。もし解放弦がコードトーンであるならば、積極的に使用すると便利ですね。この方法も結構パターン化された方法なので、覚えておくと便利です。

2小節目は、メロディをハモらせています。

1拍目はこの小節のコード「C」のベース音「ド」とメロディの「ミ」でハモってその裏から、メロディが「ラ、ソ」と動くところで、高い音の「ド、シ」でハモっています。このハモリは、3度のハーモニーと言います。

度数については今まで何回か触れてきましたので、ここではご説明しませんが実は3度のハーモニーにも二つの種類があって、この場合の最初のメロディが「ラ」でハモリが「ド」のハーモニーは短3度のハーモニーと言います。そしてメロディが「ソ」でハモリが「シ」のハーモニーを長3度のハーモニーと言います。

少し混乱してきましたでしょうか?

実際には、短と長が入り混じっているので、これは形で覚えた方が早いですね。または、感覚的にも解ると想いますが・・・。

この話については、次の章以降でお話いたしますので、ここでは、そうなんだ!くらいでOKです。

そして、3拍目で「ファ♯」のベース音から次のコード「G」のベース音「ソ」に向かっていると言うわけです。

3小節目はベース音の動きを出しています。また先ほどご説明した、解放弦の「レ」をここでも使用しています。ちょうど、1小節目のリフレインの様な感じでしょうか。

そして4小節目は、メロディを伸ばしているので、ここではメロディを少し創っています

とは言っても、ここも先ほどの3度のハーモニーを使用しています。そして3拍目の裏で再び次のコード「G」のベース音「ソ」に向かう「ファ♯」をベース音として入れています。

最初の4小節はお解かりになりましたでしょうか?

今までの楽章でお話してきたことの基本的には応用になっています。

では、続きは次のTrackで話していきます。

 関連記事
  • Let's Play ソロギター・目次
  • イントロ…ソロギターレクチャーについて
  • 第1楽章…課題曲・童謡「うみ」を題材に メロディとベース音を同時に弾くための基本的な話
  • 第2楽章…メロディとベース音に、コード音を入れるための基本ポイント
  • 第3楽章…ベース音の動かし方の基本、発展の仕方
  • 第4楽章…ベース音に加えて、コード音をさらに豊に入れるための方法
  • 第6楽章…課題曲「ロンドンデリーの歌」でソロギターにおけるアドリブを考える
  • 第7楽章…ギターの特性である平行移動を利用しソロギターに生かすための話
  • ソロギターアレンジ…童謡を中心にソロギター用にアレンジした曲のmp3、譜面

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop