基本のコードフォームは5つ | 第7楽章 | Let's play ソロギター | ソロギターレクチャー
トップページ >  ソロギターレクチャー > Let's play ソロギター > 第7楽章 > 基本のコードフォームは5つ

基本のコードフォームは5つ

ソロギターレクチャー【第7楽章・Track48】

先ほどまでのお話をまとめて見たいと思います。

まず、6弦上にベース音があるローコードは「E」と「G」です。

・・・「Fは?」と思われた方…その通りです。でも「F」はここでは考えません。

ここで、「F」を外すのは、「F」と言うコードがローコードの「E」を1フレット平行移動したコードフォームだからです。

お解かりでしょうか?

ちなみに、ローコードの「E」と「G」はこのようになっていますね。

  ローコード「E」   ローコード「G」

次に、5弦上にベース音があるローコードは「C」と「A」です。

ここで「B」を外すのは、先ほどの「F」と同じで、「A」を2フレット高い方へ移動したのが「B」だからです。ちなみにローコードの「C」と「A」はお解かりですね。

  ローコード「C」   ローコード「A」

また、4弦上にベース音があるのはローコードの「D」です。

   ローコード「D」

ここでひとつご注意ですが、ここで言うベース音と言うのはあくまでもコードを形として押さえた場合の一番低い音をベース音としています。厳密に言えば、全ての弦上に全てのコードのベース音があるのですが、ここでは形と言うことでご理解いただきたいと思います。

そこで、解りやすく、この形、それぞれを下のように呼ぶことにします。

 Cフォーム  Aフォーム  Gフォーム

 Eフォーム  Dフォーム

上のコード表の◎の部分がベース音になっています。

つまり、この形そのままで平行に上げたり、下げたりすることで、コードのバリエーションとポジションは自在にあやつれると言うことなんです。

その為には4弦、5弦、6弦上の音の並びを覚えてその音をベース音=コードネームとするように◎の部分をあわせて押さえれば良いのです。

それでは少し練習です。Eフォームの「G」を押さえてください。

…と言われたら、どのように押さえますか?

・・・・・・・・・・・・・。

まず、Eフォームの「G」と言うのは、これは一般的な言葉ではありません。これはこのレクチャーでの便宜上の言葉と理解してください。一般的には「G」は「G」なんです・・・あくまでも・・・。

話を戻しますと、Eフォームの「G」と言うのは、先ほどのEフォームの形で「G」を弾くと言うことです。Eフォームは上のコード表からもお解かりだと想いますが6弦がベース音になります。そして「G」と言うコードはベース音が「G」つまり「ソ」です。

したがって、6弦上で「ソ」の場所を探して、その「ソ」の部分にEフォームを当てはめると出来る訳です。

お解かりでしょうか?

6弦上の音の並びは・・・

6弦上の音の並び

このようになっています。そこで「ソ」の音を探すと・・・3フレットにあります。ですから3フレットにEフォームを当てはめるわけです。するとこのようになります。

   Eフォームの「G」

解りましたでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・。

もうひとつ練習です。Cフォームの「D♯」を押さえてください。

・・・・・・・・・・・・・。

お解かりでしょうか?

Cフォームの場合は5弦上にベース音があります。ですから5弦上で「D♯」のベース音を探して、そこに合わせてCフォームで押さえれば良いと言うわけです。

5弦上での音の並びは・・・

5弦上の音の並び

このようになっています、そこで「D♯」のベース音は「レ♯」なので6フレットになります。ですから5弦の6フレットにあわせてCフォームで押さえればよいと言うことになります。

このようになります。

   Cフォームの「D♯」

理解できましたでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・。

次のTrackでは、具体的なコード進行を弾く場合にどのようにこの平行移動を生かすのか、また、実際のソロギターを演奏する時にメロディ全てにコードをつける為に、どのようにこの平行移動とかフォームと言う形を考えて行くかということについて話をします。

 関連記事
  • Let's Play ソロギター・目次
  • イントロ…ソロギターレクチャーについて
  • 第1楽章…課題曲・童謡「うみ」を題材に メロディとベース音を同時に弾くための基本的な話
  • 第2楽章…メロディとベース音に、コード音を入れるための基本ポイント
  • 第3楽章…ベース音の動かし方の基本、発展の仕方
  • 第4楽章…ベース音に加えて、コード音をさらに豊に入れるための方法
  • 第5楽章…最終的なアレンジの完成とそのアレンジの考え方
  • 第6楽章…課題曲「ロンドンデリーの歌」でソロギターにおけるアドリブを考える
  • ソロギターアレンジ…童謡を中心にソロギター用にアレンジした曲のmp3、譜面

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop