ソロギターいろいろ | ソロギターレクチャー | ギターの響き〜ワンダフルギターライフのすすめ〜
トップページ > ソロギターレクチャー > ソロギターいろいろ

ソロギターいろいろ

ソロギターはギターの数だけ、ジャンルの数だけ、たくさん種類があります。

ソロギターには実にいろいろな種類があります。ギターの種類と同じだけ、音楽のジャンルと同じだけあるといっても良いのではないでしょうか。

一般的にはアコースティックギターを用いて奏でるものをイメージされると思います、エレクトリックでもソロで演ずれば、ソロギターですよね。

つまり、ギター一本でするパフォーマンスはすべてソロギターということになります。

例えば、エレキと歪系の音でソロギターといえばジミ・ヘンドリックスさんのアメリカ国家。でもこれはライブの中の1曲ということで、いちジャンルとしては確立されていないですね。

ジャズのソロギターはクリーントーンですがエレクトリックです。また、アコースティックでも、ナイロン弦かスチール弦かによっても感じがずいぶん違います。

また、ジャズなのかクラッシックなのか。またポピュラーソングなのか、童謡なのか。ブルースなのか・・・ジャンルによってもいろいろあります。

それぞれに良いところがありまた個人のお好みがありますので、いろいろなものを聞いてどれが一番しっくりくるか探してみてください。

ここで、わたしの好きなジャンルをご紹介します。

まずは、クラシック。

当然使うギターはクラシックギター。楽曲としては、「禁じられた遊び」や「アルハンブラ宮殿の思い出」のような超有名曲から、バッハさんの「パルティータ」とかの、いわゆるクラッシック。そして最近はビートルズナンバーやもっとポピュラーな物まであります。

しかしそこにはアレンジをする人がいて、しっかりとした作品として譜面に残されています。楽曲はいろいろですが、基本的には譜面に書かれているものをいかに自分流に解釈して演奏するかという世界になります。

クラシック
クラシックの代表曲もたくさん入っています。世界的な名手。福田進一さんのBESTです。
スーパーベスト
amazonで詳細を見る

次に、ジャズ。

ジャズのソロギターはフルアコースティックギターが多いです。もちろん、クラシックギターも使うしスチールのアコースティックも使います。

クラッシックとの大きな違いは、その即興性にあります。

ジャズの場合は、もちろんスタンダードと呼ばれている曲もたくさんありますが、基本的には何でもジャズになってしまいます。ジャズマンはどんな曲でも一度つま弾きだすと全てジャズになってしまうんですね。これはジャズに使用する独特のコード感覚とリズムによるものが大きいです。

クラシックが決まっていることを、自分流に表現していくのに対して最低限決まっていることをその場の感覚で演奏するのがジャズ。いわゆるアドリブというものですね。メロディーとコード進行だけ決まっていれば、それで演奏が出来てしまうんです。

ジャズ
なんと言ってもこの人!ジョーパスさんの名作です。
ヴァーチュオーゾ
amazonで詳細を見る

そのほかにも、マイケルヘッジスさんや押尾コータローさんのようなギターインストというものやブラジルのボサノバラグタイムアコースティックブルースなど。

さらに、今たくさん販売されているソロギターのCD付きの楽譜や本。これは、今やある意味でひとつのジャンルと言っても良いのではないでしょうか。

この流行に火をつけた最初の本をかいたのが、ギタリストの南澤大介さん。いろいろなジャンルのいろいろな曲を、解りやすくまた比較的演奏しやすくアレンジしつつも、ライヴや演奏会でも弾ける位のクオリティが十分ありますね。

ジャズなどのように即興性は無くて、どちらかというと譜面はきっちり決まっていますのでクラシックの世界に近いとも言えます。またお手軽なのも人気の秘密です。

ギターインスト
実力者はたくさんいますがここは人気で押尾コータローさん。
Dramatic (CCCD)
amazonで詳細を見る

ソロギターCD付きの楽譜や本
ソロギターのブームに火をつけた南澤 大介さんのCD付き譜面です。
ソロギターのしらべ CD付

amazonで詳細を見る

いろいろと書き綴って見ましたけれど、結局のところは好きなようにやりましょう!ギターの種類はなんでも良いので自分の好きな曲をソロで奏でる。しかも、気楽に楽しく。

これが「THE ソロギター」ということですね。

ちなみに、わたしが個人的に極めたソロギター、目指しているソロギタースタイルはクラシックの基本的な部分にジャズの即興性をもったソロギターです。

簡単に言えば、イントロやテーマそしてエンディングなどはきっちりとしたアレンジが出来ていて、その対比としてアドリブの部分がありそこで全くのフリーで感性に任せて奏でる・・。こんな感じでしょうか。

プロのスタイルで言えば渡辺香津美さんのソロパフォーマンスが近い感じでしょうか。

それでも一番大切なことはは『楽しく』と言うことですね。そして、弾いていて心地よければOKです。

でもその道はまだ険しく、遠い・・・。

個人的にわたしが目指すソロギタースタイル
ジャズギタリストの渡辺香津美さんの名作です。
GUITAR RENAISSANCE
amazonで詳細を見る

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop