アイズ・オブ・マインド(EYES OF MIND)/カシオペア(CASIOPEA) | ソロギターアレンジ | ソロギターレクチャー
トップページ > ソロギターレクチャー > ソロギターアレンジ > アイズ・オブ・マインド(EYES OF MIND)/カシオペア(CASIOPEA)

アイズ・オブ・マインド(EYES OF MIND)/カシオペア(CASIOPEA)

カシオペア(CASIOPEA)の『アイズ・オブ・マインド-EYES OF MIND』をソロギターにアレンジして弾いてみました

カシオペア(CASIOPEA)の『アイズ・オブ・マインド-EYES OF MIND』をソロギターにアレンジして弾いてみました。この曲は、カシオペア(CASIOPEA)のアルバム『MAKE UP CITY』に収録されています。


MAKE UP CITY

『EYES OF MIND − アイズ・オブ・マインド』はカシオペアの、特に初期の代表的な楽曲です。

正しい英語では『EYES OF THE MIND』になり、カシオペアも同名のアルバムをリリースしてからはこの曲のタイトルに「THE」が入っています。今回は、アレンジのベースをアルバム『MAKE UP CITY』のバージョンにしているので原題通りに「THE」は入れてありません…余談ですが。。。

今回、ソロ・ギターにアレンジするに当たって『原曲の持っている16ビート感と8ビート感を醸し出せるか?』を課題にしました。

ご存じの通りカシオペアのサウンドカラーの特徴のひとつが16ビート。そして、ベースが八分音符でオクターブのスラップフレーズを奏で、ドラムがオープンハイハットを使った「シッチー、ハッチー」と言うようなリズムを刻む8ビートもサウンドカラーのひとつですね。

『EYES OF MIND − アイズ・オブ・マインド』はこれらが両方入っている楽曲です。

ソロ・ギターでは、なかなか表現しにくいところなんですが、特にこのような楽曲では、私の場合ベースラインをなるべく再現するようにアレンジをしています。

言うまでもなく、ベースと言う楽器はコードのルートを決める役割と同時にドラムと共にメインのリズムを刻むと言う役割があります。

ですから、ベースラインを再現するようにアレンジをすることで、その楽曲のリズムをある程度、感じてもうらうことができると思っています。

と言うことで今回のアレンジは基本的に、ベースラインにメロディを乗せて、その2つの間に出来る隙間に和音を入れる…と言う考え方でアレンジをしました。

実は、この考え方がもっとも顕著に出ているのがイントロのアレンジです。

原曲のイントロは、シンセのメロディラインに答えるようにベースラインが奏でられています。そして、その2つの旋律の間を、白玉のコード和音とギターの細かいアルペジオが埋めている…と言うような感じです。

これをソロ・ギターにアレンジするときに「どのように考えたのか?」を動画で解説してみました。

続いて、先ほど話しをしたようにこの曲では、ベースラインをなるべく再現するようにアレンジをしました。そのベースラインの特徴として中サビとサビの部分があります。

中サビは、先ほども話した、ベースが八分音符でオクターブのスラップフレーズを奏でてドラムがオープンハイハットを使った「シッチー、ハッチー」と言うようなリズム。そしてサビの部分は、16分音符で拍裏でアクセントを取るスラップフレーズです。

これらのベースラインを再現するときのポイントになるのが、スラッププレイでのプルの表現方法です。

ご存じの通りプルと言うのは人差し指などで弦を引っ張って奏でます。ですから、曲のアクセントと同時にリズムのインパクトとして結構重要なポイントになります。

まず、中サビのプルの表現方法としては3つのアイデアで演奏をしています。

ひとつは、そのままオクターブで原曲のベースライン通りに弾く方法。もうひとつは、プルの部分にコード和音を奏でる方法。3つめは、ルート音にプルのリズムを入れて、ルート音だけで奏でる方法です。またこの3つめの方法はサビの部分のプルも同じ考え方でアレンジしました。

まあ、大変文章では解りにくいので、こちらも動画で解説をしました。

と言うことで、カシオペア(CASIOPEA)の『EYES OF MIND − アイズ・オブ・マインド』のソロギターアレンジ。楽しんでいただければうれしいです。

ご不明な点、ご意見、ご質問などありましたらこちらから ⇒ ご意見・ご感想はこちらです

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop