ルッキング・アップ (カシオペア) 〜 Looking up ( CASIOPEA ) | ソロギターアレンジ | ソロギターレクチャー
トップページ > ソロギターレクチャー > ソロギターアレンジ > ルッキング・アップ (カシオペア) 〜 Looking up ( CASIOPEA )

ルッキング・アップ (カシオペア) 〜 Looking up ( CASIOPEA )

「カシオペア」の名曲「ルッキング・アップ」をソロ・ギター・アレンジしました

アレンジの考え方とポイント

この曲はジャズ・フュージョンがお好きな方にはお馴染みの「カシオペア」の名曲「ルッキング・アップ」です。


PHOTOGRAPHS

★ youtubeで検索 ⇒ 『ルッキングアップ カシオペア』

いろいろと名曲がある「カシオペア」の楽曲の中からこの「ルッキング・アップ」を選んだ理由ですが、ひとことで言うと好きだから。。。なんですね。

でも、原曲を聴いていただけばお解りだと思いますが、おおよそソロ・ギター向きでは無い曲。。。なんですね。

桜井哲夫さんの印象的なベースラインに神保彰さんのタイトな8ビート。。。そしてアップテンポ。。。これをどうソロ・ギターにアレンジしていくか?が難問。。。でした。

このような楽曲をソロ・ギターにアレンジする場合は、とにかく一番印象的な部分をどう生かすか。。。だと思っています。

この曲の場合はやはり印象的なのはベースライン。とにかくベースラインを生かして、その上にメロディと和音を乗せていく。。。しかもアップテンポで。。。まずはこれが可能なのかどうかを試してみました。

そのために私がしているのは視覚的にまずは音の重なりを捉えることです。

つまり図でリズムを書いてみてベースラインのどの音のときにメロディのどの音が重なるかを視覚的に捉えてみるわけです。

そしてそれが実際に弾くことが可能なのかをアレンジの前に試してみるわけです。

ここでは解りやすく譜面にしてみましたが、実際に私がしてるのはもっとラフでメモ的に、あくまでもリズムを図として起こして音の重なりを確認しています。

まずはベースラインはこのようになっています。

ここにメロディを重ねてみるとこのようになります。

そうすると、下の譜面の枠で囲った音が、メロディとベースラインが重なる部分になるわけです。

これでベースラインのどの音のときにメロディのどの音が鳴るのか、が解るわけです。そして実際にこれがギターで弾けるかどうかを試してみるわけですね。

「ルッキング・アップ」の場合は実は和音もギターの開放弦の音と同じ音を使っているコードが多いので、何とか出来そうだと言うことがすぐに解りました。

ここから本格的なアレンジに入って行くわけです。

この方法は、音楽的でないと言えばそうですし、弾き慣れないうちはいかにも機械的な感じがします。

でも弾きこんで行くうちに、不思議なことに、ベースラインとメロディが自然に聴こえてくるんですね。。。そうなると弾きこなれたと言うひとつの確証にもなるんですね。

ちなみにギターソロについてですが、原曲のギターソロに当たる部分については省いています。

曲が長くなってしまうと言うこともありますが、実はこのソロの部分はほぼワンコードでのソロになっているのでソロ・ギターではなかなか表現し難いのですね。逆にコードが変わっていく方がソロ・ギターのソロパートとしては弾きやすい面があったりします。

と言うことで今回はキーボードソロの部分にギターソロを入れた構成にアレンジしました。

自分でアレンジをしておいて何なんですが。。。それなりに難しく弾きがいのあるアレンジになったと自負しています。

聴くと言うよりは弾く方が楽しいアレンジですね。

ご不明な点、ご意見、ご質問などありましたらこちらから ⇒ ご意見・ご感想はこちらです

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop