『ゴジラ』メインテーマ1954 | ソロギターアレンジ | ソロギターレクチャー
トップページ > ソロギターレクチャー > ソロギターアレンジ > 『ゴジラ』メインテーマ1954

『ゴジラ』メインテーマ1954

ソロギター用に映画『ゴジラ』のメインテーマをアレンジしました

アレンジの考え方とポイント

この曲はご存じ、映画「ゴジラ」のメインテーマです。1954年の作品で、メインテーマは伊福部昭氏の作曲になります。とにかく印象的な旋律ですし、あまりにも有名ですから今さらながら…と言う感じもしますが。。。

以前NHKか何処かでこの曲についての特集番組を観て、改めてじっくりと聴いてみたら、とても深く、そしてカッコ良い楽曲と思ったのでアレンジをしたと言うわけです。


ベスト・オブ・ゴジラ

★ youtubeで検索 ⇒ 『ゴジラ テーマ』

まず原曲をチェックしたのですが、実はいろいろなバージョンがあることが解りました。その中で選んだのが、やはり映画に使われていたバージョンです。

改めて聴いてみて思ったのが意外にテンポが速いと言うこと。実はこのテンポの速さが後にアレンジの全体像を決めることになるのですがこれは後ほど。

まずはイントロ部分。

「ゴジラ」の叫びのようなブラスからスタートしますが、これはソロ・ギターでは和音のスラーで表現をしてみました。

そしてテーマに入る前に8分音符の刻みの部分があるのですが、これは原曲ではコード「Em」になっています。しかしここはあえて「F♯」の音を加えて「Em9」的なコードにしました。この方が少し「恐ろし感」が出てイイと思ったので。

ちなみに、理論的にコード名などを書いて話をしていますが、これって完全な後付けですから。

つまり、アレンジをしているときはコード名などはあまり考えないで自分の耳でイイと思った音を選ぶのが正解だと思っています。あえて説明を書くときになってコード名をチェックしたら…と言うことですから。

さて、いよいよあの印象的なテーマです。

原曲ではオクターブ上の音でメロディを奏でています。ところが、その通りにすると最後のところで音が思いっきり高すぎてしまうんですね。ですから、アレンジはオクターブ下げてスタートをしています。

メロディは8分音符を中心にして奏でられています。それに対してバックでは、4分音符を中心にして低い、高いを繰り返しています。そう、つまり一番低い音は1拍めと3拍めに入っているんですね。

まずは、原曲の通りにバックの音を入れてアレンジをしました。ところが、演奏をするに当たってテンポが速いために技術的な難易度が増してしまうと言うことと、全体の「雰囲気」と「勢い」が失われてしまうんですね。

そうです…オーケストラの楽器だから決まるわけで、ギター一本だと少し苦しいことが解りました。

そこで方向を転換して「雰囲気」と「勢い」を重視するアレンジに変えました。

とにかく、あのメロディを生かし、バックの音は「雰囲気」と「勢い」が出せれば、細かい譜割はあまり考えない…と言う感じでのアレンジですね。

ですから、演奏をするときも、そこはほとんど意識しないで、ときに4分音符、ときに8分音符でそれこそ適当に入れた感じです。

でもこの方が結果として「雰囲気」としては良くなったと思っています。

このように細かいアレンジをしても、実際の演奏では「雰囲気」と「勢い」で流していく方法もありだな…って思いました。まあ、もともとが私は、ジャズ畑の人ですから。。。

続いてワンコーラス終わった後に、また「ゴジラ」の叫びのようなブラスが入ってきます。ここも和音のスラーで対応をしました。

そして2コーラス目が終わってエンディングですが、実はエンディングのコードが「Em」ではなく「Em9」的なコードなんですね。

曲の終わりとしては「Em」の方が安定感があるのですが、何せ「ゴジラ」ですから、恐ろし感を出すために「F♯」を入れて「Em9」にして、少し不安感が残るようにした。。。と勝手に想像しています。

と言うわけで、このエンディングがあったので、先ほど説明したイントロの部分も、今回アレンジをする際に「Em9」にしたと言うわけです。

とにかく「雰囲気」と「勢い」を生かすようにアレンジをしたつもりです。さて、「ゴジラ」の雰囲気が出ていますでしょうか。。。

ご不明な点、ご意見、ご質問などありましたらこちらから ⇒ ご意見・ご感想はこちらです

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop