『HANABI』〜Mr.Children | ソロギターアレンジ | ソロギターレクチャー
トップページ > ソロギターレクチャー > ソロギターアレンジ > 『HANABI』〜Mr.Children

『HANABI』〜Mr.Children

ソロギター用にMr.Childrenの『HANABI』をアレンジしました

アレンジの考え方とポイント

この「Mr.Children」の「HANABI」は、ご存じの通り フジテレビ系テレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 -』のテーマ曲です。 このドラマ自体が結構好きでよく観ていて、そのときからイイ曲だと思っていました。 ある日、思い付きで何気に弾いて見たら 何とかなりそうだったのでアレンジをしてみたわけです。


HANABI

★ YouTubeで動画を検索 ⇒ 『HANABI Mr.Children』 https://www.youtube.com/results?search_query=HANABI+Mr.Children

そもそもMr.Childrenの曲は、この「HANABI」も含めてメロディの譜割が非常に細かいですよね。Mr.Childrenの楽曲はその歌詞にも魅力があるわけですが、ご存じの通り、非常に言葉をメロディに詰め込んでいるんですね。

当然、ソロ・ギターの場合、歌詞がありませんので、そのままの譜割だと、メロディラインが細かくなりすぎて逆に滑稽な感じになってしまいます。ですから、メロディを適に抜くわけですが、その加減が結構難しいのです。

さらに「HANABI」は、キーがD♭なんですね。まあ簡単に言うと、丁度1フレットにカポをすると楽なフォームでギターを押さえられるキーと言うことです。

実際にTVだったり、PVを観ると桜井さんのアコは1フレットにカポをしてます。そして後半に半音分上に転調をするのですが、そのときには2フレットにカポが移動をします。そう言えば、以前TVでも、この部分で桜井さんが、カポをサクッと動かしていたのが結構カッコ良かったです。

と言うことで、いろいろと難題の多かった曲です。

その中でいちばんアレンジをする上で考えたのが構成。じっくりと曲を聴いて見ると、非常に複雑な構成と言うか。細かいところでいろいろなパターン変えやメロディを織り込んでいてアレンジが秀逸な曲なんですね。

今回のソロ・ギター・アレンジは2つあるアレンジの考え方のうちの「原曲になるべく忠実にアレンジをする」と言う考え方でしました。ですから、いろいろな細かいパータンのどの部分を繋げていくか?と言うのが悩みの種になったりするわけです。

全て演奏すれば当然長いし、ソロギターの場合、当然ですが歌詞が無い分変化も少ないので同じメロディが続くと飽きもくるし。。。

と言うことで、まずは構成を分解してみました。

この「HANABI」は、下のようなパターンでアレンジされています。

イントロ1 ⇒ Aメロ1 ⇒ Aメロ2 ⇒ Bメロ ⇒ Aメロ3⇒ 間奏1 ⇒ サビ1 
⇒ Aメロ2 ⇒ Bメロ ⇒ 間奏1 ⇒ サビ2
⇒ Cメロ ⇒ 間奏2(転調) ⇒ サビ3 ⇒ アウトロ

と、まあ文章で書くと何とも複雑ではありますが。。。この複雑な感じが劇場的な盛りあがりのある楽曲に仕上げている要因のひとつ。。。だと思っています。

さてこれらのパターンのどの部分を繋げていくか。。。例えば、フジテレビ系テレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 -』で使われていたパターンは、実によくまとまっていて、初めに聴いたときにはそれが正しい流れだと思っていました。

でも、全部聴いて思ったのは、やはり間奏2の転調の部分は外せないと。。。なぜなら、この部分がこの曲の一番盛りあがる部分だから。

さらに、サビ3の部分。これは転調をした後の半音上がったサビのメロディーですが、後半に「もう一回・・・」の連呼があるメロディ部分は、一番強調したいフレーズ「もう一回・・・」を強烈にアピールしているところ。そう考えるとやはり転調の部分は必須。。。するとそこに繋がる、ちょっと雰囲気を変えているCメロも必要。

と言うことで、最終的にはこのような構成にしました。

イントロ1 ⇒ Aメロ1 ⇒ Aメロ2 ⇒ Bメロ ⇒ 間奏1 ⇒ サビ2
⇒ Cメロ ⇒ 間奏2(転調) ⇒ サビ3 ⇒ アウトロ

ここでもうひとつ問題だったのが、イントロとBメロとアウトロが同じメロディラインと言うことです。

当然、原曲のBメロは歌が入っていますのでそれだけで違いがあります。アウトロの場合は半音上がっているので良いとしてイントロとBメロを同じに弾くか?少し変えるか?と言う検討をしたわけです。

例えば、イントロのメロディをオクターブ上げてみたり、逆にBメロをオクターブ上げてみたり…いろいろと試しました。

まあ、その結果、曲にある程度のビート感があるので、同じでも違和感がなかったのでイントロとBメロを同じように弾くと言うことにしたわけです。

例えば、これがバラードなどの場合は少しアレンジを変えた方がよりよいでしょうね。

と言うことで動画をアップしましたが、実際の演奏については、バレーが頻出していて、あまり指が骨休めをするポイントの無いアレンジなので少々疲れの出ている演奏ですね。さらに、非常に今日の気温が寒かったこともあり、指がしっかりと動いていないですね。。。

それでも勢いがあり、粗さが逆にライブ感を醸し出していたので、まあOKテイクとしました。。。

ご不明な点、ご意見、ご質問などありましたらこちらから ⇒ ご意見・ご感想はこちらです

 関連記事

 Youtubeにギタープレイをアップしています!

この他にもまだ色々とアップしています!
→ その他の動画はこちら




What's New
弦交換に便利なギターアクセサリー

Planet Waves / THE HEADSTAND
ギターヘッドを固定し安定させます。わたしはタオルなどで固定していますがこれがあれば便利ですね。

Planet Waves /ギター用Pro-Winder
弦をペグに巻き付けるのは意外に大変です。これがあれば便利。しかも弦をカットするニッパー付き。


イケベ楽器店web site
イシバシ楽器 web site

長年愛用している弦をご紹介

D'Addario / EXL110 Regular Light ダダリオ エレキギター弦
非常に長持ちしますので、かなり長い間綺麗な音を奏でることができます。

D'Addario / EJ45 Pro Arte クラシックギター弦
少々テンションの強い感じがありますが、この弦も長持ちします。

D'Addario / EJ15 Extra Light .010〜.047 フォスファーブロンズ アコースティックギター弦
やはり長持ちします。少し柔らかめの音質が結構好きで使っています。

D'addario(ダダリオ)の特徴
・世界11ヶ国で展開
・癖の無い硬さが特徴
・大手ギターメーカーも出荷時に採用(Ibanez他)
・弦の長さ・太さ・材質等目的に合わせて選べる
・全国どこの楽器店にも置いてある安心感
・精度と強度に長ける六角芯線を使用
・クラシックギターの弦においても老舗メーカー

⇒ D'addario・エレキギター弦の一覧
⇒ D'addario・クラシックギター弦の一覧
⇒ D'addario・アコースティックギター弦の一覧


コンテンツのご紹介

ソロギターレクチャー
アレンジ方法、考え方、演奏ポイント、動画、mp3での演奏、譜面、ギタータブ譜。おススメCDのご紹介など。


ギター超初心者向けレクチャー
『ギターなんて弾いたことがない…けど興味ある…』そんなあなたにギターの魅力を知ってもらうためのレクチャー。


ギター初心者向けレクチャー
ギターで実際にいろいろな曲を弾く前に知っていた方が良いことを中心にしたレクチャー。


初心者向けギターギターお薦め本、雑誌、教則本
リンク集リンクについてごあいさつサイトマップ

運営サイト・ブログ

6つの弦に魅せられて
ギターや音楽の話題を中心に、日々感じたことを書き綴っているギター日記。アレンジの過程の備忘録。


Walking de Music
ジャズ・フュージョンを中心としたCDレビューブログ。


ayuki・オフィシャルサイト
ギター演奏動画、歌ものオリジナル曲やインストオリジナル曲のmp3、動画をアップしているサイト。

ヤフオクでギターをチェック


▲Pagetop